一直線カレンダー

« 2011年12月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011年12月アーカイブ

Folsom ImageProのViewを呼び出す

20111212G.jpgFolsom ImagePro・FSR INDIEは今やイベント現場でなくてはならない映像機材のひとつです。フォーマットのコンバートやD/A変換、アスペクト比の変換、ズーム・パンによる映像位置の変更などマルチな機械です。

しかし通常その用途に設定したままでイベントの本番に挑んでいるのが現状ではないでしょうか?
それはFolsom ImagePro・FSR INDIEの操作が階層メニューになっていて、本番時のオペレーションとして向いていないことが挙げられます。


BARCO社製 純正ソフト「Projector Toolset」を使う

20111212A.jpgベルギーのプロジェクターメーカー、BARCO社のFLM R22+を9台使用する機会に恵まれました。1画面を3スタックにしたFLM R22+を上手、センター、下手に設置してシナジクス機能にてシームレスなツナギ目で使用した現場でした。

プロジェクター台数が多いのとFLM R22+のレイアウトファイルを本番中に切り替える必要がありましたので、BARCO社のプロジェクター純正コントロールソフトを使用しました。
20111212B.jpg
純正ソフトの「Projector Toolset」は複数のプロジェクターを一括で管理することの出来るソフトウェアですので今回の案件には欠かせないものです。

RS-232Cの無線化

20111207A.jpg前回RS-232CからEthernetに制御が変わりつつあると書きましたが、ここでRS-232Cでの無線化を書いてみたいと思います。
RS-232CとEthernetを比べて現場でどう不都合が生じるのかを考えてみると、長距離伝送が出来ない、通信速度が遅い、複数の制御がしずらいなどが挙げられます。
そのなかで長距離伝送が出来ないということをカバーする機器がありますのでご紹介いたします。
写真はSENAという会社の製品でParani SD100、Bluetooth RS-232Cアダプターというカテゴリーの商品です。